• ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • English
クリニック紹介 研究・業績

後方進入腰椎椎体間固定術におけるチタンコーティーング椎体間ケージの有用性の検証

-多施設、前向き研究-

実施期間 2018年3月31日まで
研究機関 大阪大学医学部附属病院整形外科
国立病院機構大阪南医療センター整形外科
主任研究者 海渡貴司
研究目的 本研究の目的は後方進入腰椎椎体間固定術におけるチタンコーティーング椎体間ケージの有用性を検証することです。
対象と方法 当院および国立病院機構大阪南医療センターにて各種腰椎疾患に対し、2椎間までの後方進入腰椎椎体間固定術を施行する患者を対象とします。手術の際にチタンコーティーングされたPEEK素材の椎体間ケージを全例使用します。このケージは薬事承認されたもので、通常の手術手技の一環として使用するものです。術前、術後の画像ならびに臨床評価から、このケージの有用性を検討します。
意義 後方進入腰椎椎体間固定術において、各種素材で作成された椎体間ケージが使用されているが、チタンでコーティーングされたPEEK素材のケージはチタンの生体親和性とPEEKの骨と近い剛性といった両者の特徴を併せ持ち、骨癒合に有利と考えられます。当研究によりそれが明らかとなれば、このタイプの椎体間ケージを使用するエビデンスとなりうると考えます。
プライバシーの保護 プライバシー確保のため、患者さんが特定できないようにデータを処理したうえで研究解析を行います。また、研究結果を公表する際には患者さん個人が特定されることはありません。
研究への参加を拒否する場合 ご自身のデータを研究に使ってほしくないとお考えの場合には下記までご連絡ください。
本研究に関する
問い合わせ先
海渡 貴司
大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(整形外科)・助教
連絡先:06-6879-3552