• ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • English
クリニック紹介 研究・業績

これまでに側方進入椎体間固定術を受けた患者さんへ

日本脊椎脊髄病学会・側方進入椎体間固定術の合併症調査研究への 調査協力について

大阪大学医学部附属病院整形外科では「側方進入椎体間固定術の合併症に関する調査」という多施設観察研究に協力予定です。この研究は、側方進入椎体間固定術の手術合併症を継続的に全国規模で調べ、その現状を把握して、対応策を講じることにより、国民により安全な医療を提供することを主な目的としています。そのため、過去に側方進入椎体間固定術を受けた患者さんのカルテ等の診療データを使用させていただきます。

以下の内容を確認してください。

  • 今回の調査研究は、平成29年1月1日から平成33年12月31日までに側方進入椎体間固定術を受けた患者さんの診療記録が対象です。
  • 過去の記録を使用する研究であり、新たな検査や費用が生じることはなく、患者さんの負担並びに危険性は全くありません。また、患者さんへの直接的な利益もありませんが、研究の成果は、将来の脊椎脊髄外科の治療法の進歩に有益となる可能性があります。なお、データを使用させていただいた患者さんへの謝礼等もありません。
  • 使用するデータは、個人名や住所は含まれておらず、その他の個人情報に関しては、日本脊椎脊髄病学会が厳重に管理します。また、研究で使用したデータは、当該研究の結果の最終の公表について報告された日から5年を経過した日まで保管します。保管期間終了後は、適切な方法で廃棄します。
  • 調査研究の成果は、学会や科学専門誌などの発表に使用される場合がありますが、個人を特定するような情報が公表されることはなく、個人情報は守られます。
  • 日本脊椎脊髄病学会が主導でこの調査研究を行い、得られた情報を使用致します。特定の企業・団体等からの支援を受けて行われるものではなく、利益相反はありません。
  • この研究に関して、研究計画や関係する資料をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。研究全体の成果につきましては、ご希望があればお知らせいたします。
  • この調査研究は日本脊椎脊髄病学会倫理審査委員会で審査され、すでに日本脊椎脊髄病学会では承認を受けております。当院においては、下記の研究期間において調査協力を行います。

研究期間

当院倫理委員会承諾後 ~ 平成34年12月末まで

問い合わせ先

大阪大学医学部附属病院整形外科

  • 研究責任者
    海渡 貴司 (整形外科・助教)
  • TEL
    06-6879-3552

この調査研究は、今後の医療の発展に資するものですので、ご理解ご協力の程、何卒、よろしくお願い致します。