• ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • English
クリニック紹介 研究・業績

診察内容

診察内容のご案内です。

現役スポーツ選手やスポーツ愛好家の方々のスポーツ活動中に生じる四肢および体幹(つまり、首から足先まで)の運動器(靱帯、軟骨、筋肉、腱、骨などの組織)の “外傷 = けが”そして“障害 = 使いすぎ”を中心に、適切な治療を心がけております。 使いすぎに対しては、ストレッチングやアイシングなどの自己管理及び再発防止についてしっかりと指導を行います。一方で、保存療法で十分な回復が見られない場合や“けが”に対しては、関節鏡を用いた低侵襲で、正確な手術を行います。

対象疾患

膝関節

膝靱帯損傷(膝前十字靱帯損傷、膝後十字靱帯損傷、内側側副靱帯損傷、外側側副靱帯損傷)、半月損傷、軟骨損傷(軟骨下骨骨折、離断性骨軟骨炎など)、膝蓋骨(亜)脱臼症、二分膝蓋骨、ジャンパー膝、オスグッド病、鵞足炎、大腿骨顆部骨壊死(壊死様病変)、変形性膝関節症(軽度なもの)、骨折後の変形治癒など

足関節・足

靱帯損傷、軟骨損傷、有痛性三角骨障害、有痛性外脛骨、アキレス腱炎・断裂など

肩関節

投球障害肩(SLAP病変も含む)、反復性前方脱臼、肩関節不安定症、腱板断裂など

スポーツ障害

野球肘、腰椎分離症(小児)、腰痛(スポーツによるもの)、オーバーユース(使い過ぎ)、疲労骨折、シンスプリント、肉離れ、腱鞘炎(腱炎)など

主な疾患の手術療法

膝前十字靱帯損傷

前十字靱帯とは

大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぐ靭帯で、膝関節の安定化に寄与しています。膝のスポーツ外傷として損傷頻度が比較的高い靭帯ですが、損傷を放置することにより、変形性関節症(膝に水がたまったり、痛んだりする)を引き起こす可能性があります。さらに損傷したままスポーツ活動を行うと、膝くずれ(膝の力が急に抜けること)を起こし、半月板や軟骨損傷の頻度が上がるため、確実な診断と治療が求められます。損傷した前十字靭帯は、自然に修復されることは非常に稀なため、活動性が高い方には手術療法が選択されます。

治療

靭帯の付着部に骨孔を作製し、ハムストリンク筋腱や膝蓋腱などの自家腱(自分の腱)を骨孔内に挿入して固定する、解剖学的靭帯再建術を関節鏡視下に行います。 またその損傷に際し、しばしば半月板や関節軟骨の損傷を合併しますので、同時に半月板や軟骨の手術も行います。

後十字靱帯損傷

後十字靱帯とは

前十字靭帯とクロスするように大腿骨前方から脛骨後方に走行し、膝関節の安定に寄与している靭帯の一つです。ラグビーやアメリカンフットボール等での脚へのタックルや交通事故にて損傷することが多いです。

治療

保存療法にて、脛骨の後方への落ち込みは残存するものの、機能障害がほとんどなくなるため、保存療法が第一に選択されます。 ただ、他の靭帯や半月板の損傷を合併している場合や、膝動揺性が大きい場合は、自家腱を用いた再建術を行います。

内側側副靭帯損傷

内側側副靭帯損傷とは

膝関節の内側を走行し、側方への開き(外反)を制御する役割を担っており、損傷することにより不安定性が生じます。スポーツによる膝靭帯損傷の中で、最も頻度の高い外傷です。

治療

側方への開きを制御する装具を装着することにより大半が治癒しますが、保存療法にて治癒しなかった重症例には、自家腱を用いた再建術を行います。

半月板損傷

半月板とは
膝関節内に内側、外側それぞれ1個ずつ存在し、膝関節の衝撃吸収や荷重分散、安定性、潤滑などの機能を有しています。靱帯損傷に合併する場合が多いですが、単独で損傷する場合もあり、水腫や疼痛、ひっかかり、可動域制限(膝の動きが制限される)の原因となります。

治療
損傷された半月板に対しては、関節鏡を用いた縫合術(半月の修復)または切除術(損傷半月の除去)を行っています。半月板は膝の重要な役割を果たしていますので、可能な限り温存すること(縫合術)を心掛けています。また、やむを得なく半月板を切除した場合でも、(適応は狭いですが)自家腱や半月板補填材料を用いた半月板再建術にも取り組んでいます。

軟骨損傷

関節軟骨とは

骨の関節表面を覆っており、半月板と同様、膝の衝撃吸収や潤滑作用を有し、膝関節において非常に重要な役割を担っています。一度損傷した軟骨は正常軟骨(硝子軟骨)としては再生せず、自己修復能力も低い組織です。

治療

加齢による軟骨変性よりは、スポーツ外傷や障害によって生じた軟骨損傷を中心に治療を行います。骨穿孔術(病巣部を貫いて正常な骨髄まで穴をあけ、骨髄からの血行を誘導させて、治癒を期待する方法)や自家骨軟骨移植術(病巣部を円柱にくりぬき、サイズの合った正常な部分の骨軟骨柱を移植する方法)、自家軟骨細胞移植術(予め採取した自分の軟骨細胞を培養にて増殖させて、移植する方法)などを行っています。

膝蓋骨脱臼症

多くの場合、膝蓋骨が外側へずれたり、抜けたりする病気です。膝への直達外力や捻りの動作にて内側膝蓋大腿靱帯が損傷することにより、膝蓋骨が外側へ脱臼すると考えられております。

治療

第一選択は装具による保存療法ですが、保存療法に抵抗して繰り返し脱臼する場合には、内側膝蓋大腿靱帯(MPFL)を再建します。本術式は半腱様筋腱(膝の裏を走行している腱)を用いて移植する手術で、成績は比較的良好です。

肩関節疾患

病態が解明されていない疾患も多くある関節ですが、肩関節脱臼症や肩腱板損傷は治療法が確立されております。

治療

関節鏡を用いた手術を基本として行っております。肩関節脱臼症にはBankart repairやcapsular repairといった前上方肩甲上腕関節靱帯の修復を中心に、腱板断裂に対してはDouble-row法やDAFF法での腱板修復術を行っています。投球障害肩に対しても、保存療法に抵抗する場合は手術を施します。