診察内容

診察内容のご案内です。

股関節疾患による運動機能障害に対して、入念な診察に加えて最新の画像診断機器(超音波機器、高解像度3D-CT、特殊MRI撮影、SPECT-CTなど)を使用し、正確な診断および適切な治療法の提案を行っています。骨切り手術・人工股関節置換術など様々な手術治療を、より正確に、より安全に、より高い治療効果が得られるよう、最新のコンピュータ手術支援システムを用いて行っております。

代表的な対象疾患

  • 変形性股関節症
  • 大腿骨頭壊死症
  • 発育性股関節形成不全症 など

代表的な手術治療

それぞれの患者さんに合わせたオーダーメイド治療を提供

それぞれの患者さんで綿密に三次元的なプランニングを行い、手術方法の検討、治療効果の予測を行っています。

人工股関節 手術シミュレーション

コンピュータ上でCTから再構成された各症例の股関節形態に対して、最適な人工関節の機種、サイズ、設置位置を3次元的に決定することができます。さらに、股関節の様々な方向への可動角度を予想し、脱臼などの合併症に対し、最も有利な人工関節の設置位置、角度を検討することができます。難易度の高い再手術にもシミュレーション技術を応用し、安全で確実な治療を提供しています。

| 人工股関節 手術シミュレーション

骨盤骨切り術・大腿骨骨切り術 手術シミュレーション

骨を切る最適な位置や向き、骨片を移動する位置を3次元的に決定することができます。

| 骨盤骨切り術・大腿骨骨切り術 手術シミュレーション

2000例を超す ナビゲ―ション手術の実績

股関節手術全例にコンピュータナビゲーションを活用し、安全、安心な治療を行っています。
1997年から独自開発をはじめ、現在まで累計2000例超のナビゲーション手術の実績があります。

ナビゲーション手術

熟練の外科医でも、骨切りや人工関節設置の位置・角度にはばらつきがあります。骨切りや人工関節の不良な位置や角度は、耐久性の短縮、脱臼などの合併症のリスクを高めます。
ナビゲ―ション手術では、手術中の操作をコンピュータ上で、参照・確認しながら、正確な手術をすすめることが可能です。手術前プランと連動した手術を行うことで、高い精度で患者さんにとって最適な骨切り位置・角度、人工関節の設置をおこなうことが可能となります。

ナビゲーション人工関節置換術

手術中に、人工関節の位置や向き、関節の角度をリアルタイムに確認できます。

| ナビゲーション人工関節置換術

ナビゲーション骨盤骨切り術

手術中に、骨盤の骨切りの位置や向きをリアルタイムに確認できます。

| ナビゲーション骨盤骨切り術

ロボット支援THAの全国初導入など最新治療の提供

最新の治療を積極的にとりいれ、ロボット支援THAの全国初導入、大腿骨頭壊死症再生医療の治験参加などを行ってきました。

| ロボット支援THAの全国初導入

股関節鏡を用いた低侵襲治療を行っています

通常の画像検査では検出できない股関節の軟骨や関節唇の微小な障害を高解像度造影3D-CTや放射状MRIにて評価し、適応があれば関節鏡治療を行っています。人工関節置換術後の疼痛の一因である、腸腰筋インピンジメントにも関節鏡治療を応用し低侵襲治療を行っています。

| 股関節鏡を用いた低侵襲治療

大学病院ならでは。多数の専門診療科の協力で、併存疾患に対応

大学病院では多数の専門診療科から協力を得、他院で対応困難な重度の併存疾患をお持ちの患者さんでも、大学病院の力を集結して安全に対応しております。他院で対応が困難な状態の股関節疾患の治療も行っております。

救命救急科との協力し、重度外傷にも対応

骨盤骨折など重度外傷を救命救急と協力して対応しています。
ナビゲーションを活用し、患者さんにダメージが少ない、安全な手術を行います。
術前に綿密に3次元的なプランを立てて、術中ナビゲーションでプランを実行します。

| ナビゲーションを活用した、患者さんにダメージが少ない、安全な手術を実施