• ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • English
クリニック紹介 研究・業績

私たちのグループの特色

腫瘍クリニックの特色です。

骨軟部腫瘍に対する先進の治療

骨軟部腫瘍に対する先進の治療

患肢温存

最新の延長可能腫瘍用人工関節を用いた手術や放射線科との共同による術中体外照射自家骨移植術、局所小線源放射線照射法、腫瘍血管永久塞栓術など、さらには当科の他グループの協力による骨延長術、マイクロサージェリーを応用し可能な限り切断をしない「患肢温存」を行っています。

超大量化学療法

悪性骨軟部腫瘍の治療では化学療法が非常に重要です。当科では独自の超大量化学療法プロトコールに基づき効果の高い治療を行うと同時に、必要に応じて小児科などと共同で骨髄移植などの治療も行っています。また、化学療法の副作用を最小に抑えるために最新の副作用予防・治療薬を導入するとともに、看護教育や薬剤部との連携を通じて、従来のつらい抗ガン剤治療をより楽なものにする努力を行っています。

骨軟部腫瘍専門医の高次教育・訓練

大阪大学整形外科では専門医を目指す若手医師、研修医に対し骨軟部腫瘍の診断・治療に関する専門教育を行っています。大阪府はもとより周辺他府県よりも患者紹介があり症例数が多いため内容の濃い研修が受けられます。
また、骨軟部腫瘍専門医のいる関連病院には、大阪府立成人病センター国立病院機構大阪医療センターベルランド総合病院などの大病院があり、これらの病院では大阪大学整形外科と同様の先進の医療、高次の医師教育が提供されています。また、大阪大学整形外科とこれらの病院は密接なコミュニケーションをとりながら共同臨床研究を行っています。

ハイレベルな臨床・基礎研究

骨軟部腫瘍に対する臨床研究

骨肉腫、小円形細胞肉腫、成人軟部肉腫について独自の化学療法プロトコールを用いて関連各病院との共同研究を行っています。

骨軟部肉腫の予後・病因に関する臨床病理学的研究

病理病態学教室との共同研究を行っています。

遺伝子治療・免疫療法への実験的アプローチ

当教室では難治性の骨軟部腫瘍の治療への応用を目的として、遺伝子治療、免疫療法の実験的研究を大阪府立成人病センター研究所などとともに行っています。

人工骨・骨再生医療の研究・開発

骨のミネラル成分であるハイドロキシアパタイトを合成・焼成して作る人工骨は良性骨腫瘍による骨欠損を補う代表的な治療法です。最近、わたしたちは物質・材料研究機構や企業との共同研究で、ハイドロキシアパタイト人工骨の製造過程において3次元構造をコントロールし、お互いに連続するスポンジのような細かい気孔をもつ人工骨の開発に成功しました。これまでのハイドロキシアパタイト人工骨と比べ、速やかに骨の修復を助け、また自分の骨に置き換わっていきます。
この人工骨を利用し、これまで金属製の人工骨しか使えなかった大型の骨欠損に対し応用する目的で、自家骨髄間葉系幹細胞を培養し人工骨に導入した「培養骨」を臨床応用すべく、産業技術総合研究所・ティッシュエンジニアリング研究センターと共同研究を行っています。
そのほか医学部内他教室、大阪大学歯学部、大阪府立成人病センター、東京大学医科学研究所、そのほか全国の大学、民間研究所など多方面との共同による総合的研究を展開しています。