診療内容

診療内容のご案内です。

大阪大学整形外科の脊椎グループでは、あらゆる脊椎脊髄疾患に関してエビデンスに基づいた最先端の医療を提供いたします。脊椎の変形矯正手術・脊髄腫瘍など高度な専門性や技術が求められる手術から、頚髄症や腰部脊柱管狭窄症といった高頻度に認める変性疾患の保存治療・手術治療まで幅広い診療を全国から来院される多くの患者様に行っております。

また、大阪大学脊椎グループ関連施設で「NPO法人大阪脊椎脊髄グループ(OSSG)」を設立し、施設間での診療連携やよりよい治療法開発に向けた共同研究にも力を入れて取り組んでおります。

対象疾患

特発性側弯症

高度の変形に対しても脊髄モニタリング装置などを併用することで安全に確実な変形矯正手術を実施しています。

特発性側弯症
(左)術前 (右)術後

成人脊柱変形に対する矯正手術

骨脆弱性等を伴う成人の脊柱変形「腰曲がり」に対しては二段回手術・低侵襲固定手術・骨粗鬆症への治療介入を組み合わせ手術合併症の低減と変形の矯正を両立して実施しています。

成人脊柱変形に対する矯正手術
(左)術前 (右)術後

首下がり症候群

首の高度の後弯変形「首下がり」では頭を上げられず前が見えにくくなります。
高難度な頚椎の高度変形に対しても積極的に取り組んでいます。

首下がり症候群
(左)術前 (右)術後

頚髄症

加齢変化や後縦靱帯骨化により脊髄が圧迫を受けると手足に麻痺が出現します。 患者さんの病態に応じ、後ろから脊柱を拡大する手術「椎弓形成術」前から骨化を浮上する手術「骨化浮上術」圧迫を解除し固定する手術「除圧固定術」等を適切に選択し治療を行っています。

頚髄症
(左)術前 (右)術後

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアの患者さんには、前方あるいは後方からの椎間板切除術や最近は人工椎間板置換術も治療選択肢に含めて診療を行っています。

頚椎椎間板ヘルニア
(左)術前 (右)術後

腰部脊柱管狭窄症・すべり症

腰椎部での神経圧迫による下肢痛やしびれに対しては、神経圧迫の解除を行います。
背骨のずれ「すべり症」や曲がり「側弯」を伴う症例には必要に応じて固定術を併用して治療を行っています。

腰部脊柱管狭窄症・すべり症
(左)術前 (右)術後