• ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • English
クリニック紹介 研究・業績

私たちのグループの特色

リウマチクリニックの特色です。

いまだに原因不明な点が多い関節リウマチ(RA)の治療において、近年メソトレキサート(MTX)や生物学的製剤、低分子治療薬などが次々と開発され、RAの薬物治療の発展には目を見張るものがあります。私たちのグループでも、大阪大学免疫内科の御協力や情報交換を得ながらこれらの治療薬を使用し薬物治療を行っています。このように、いい治療アイテムが揃いつつある現在でも治療効果が不充分であったり、合併症のためにこれらの治療薬を使用できないために、関節破壊が進行してしまうケースも多々あります。このような場合、関節機能の再獲得のために外科的治療が必要になってきます。手術加療が必要になる箇所としては、頭蓋骨を含む脊柱、肩・肘・手・手指関節、股・膝・足・足趾関節と全身すべての骨・関節が対象になります。私たちのグループでは、脊椎外科、肩関節外科、手外科、股関節外科、膝関節外科の専門クリニックに協力してもらいながら、主に膝関節・足関節・足部・足趾関節の手術加療を積極的に行っております。具体的な手術内容は、人工膝関節置換術、人工足関節置換術、足関節固定術、矯正骨切り術、距骨下関節矯正固定術、外反母趾矯正手術、前足部形成手術などがあります。これらの手術を必要に応じて積極的に行い、RAによって損なわれた歩行機能を再獲得することを目指しています。同時に、骨粗鬆症治療にも積極的に介入しています。閉経後骨粗鬆症など通常の骨粗鬆症に加え、RAの病態が骨粗鬆症を増悪させることから、骨密度検査、骨代謝マーカー検査はほぼ全例に行い、それぞれの病態に応じて骨粗鬆症治療薬を投与し、RA治療と同時に経過観察を行っています。