• ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • English
クリニック紹介 研究・業績

診療内容

診療内容のご案内です。

旺盛な成長・発達過程にある小児は、成人を単に小型化したものではありません。そのため小児特有の生理・病態、小児特有の疾患があります。そのうち整形外科の占める割合は比較的高い現状をふまえ、当クリニックでは以下のような疾患を対象に診療を行っています。また、小児ばかりではなく、骨や軟部組織の延長による再生医学の実施や、成人を含む足部の疾患や変形の治療をしています。

再生医療:上下肢を中心とした、骨、軟骨、腱の再生

創外固定を用いた骨延長、軟部組織延長

成長期の整形外科(小児整形)

小児股関節疾患

  • 先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症など。下肢の変形、疾患
  • 多指症、合指症、上肢形成不全などの上肢疾患全般
  • O脚、X脚
  • 脚長不等(足の長さが違う)、足部の変形、疾患
  • 内反足、凹足、踵足、尖足、神経筋疾患に基づく下肢の変形

その他

  • 骨軟骨の遺伝性疾患や小人症
  • 斜頚
  • いわゆる成長痛

足の外科(成人も含む)

内反足、凹足、踵足、尖足、足の痛み

リンク